お金に余裕が無い場合、安い引越し業者を探すことは大切です。
ですが、そのほかにも引っ越しにはお金がかかること、知っていますか?

特に不要品の処分。これは下手をすると数万円持ってかれてしまう大きな落とし穴なのです。
不要品とは何かといいますと、使わなくなった家具家電。つまり粗大ごみですね。

不要品の処分、どれだけかかる?

引っ越しで部屋のインテリアを一新しよう。と考え、家具を新調。そうした場合、もとあった家具はどうしますか?
捨てる。と答えたあなた。落とし穴にすっぽりとハマりましたね。
冷蔵庫やテレビ、ベッドなどの回収業者に処分を頼まなければいけないものは、高いと1つ1万円前後もしてしまうんです。
例に上げたようにたくさんの家具を新調した場合、数万円の処理代が・・・。

ですが、下記のことを覚えておけばそんなことにならずに済むんです!しっかり読んでおいて下さいね。

リサイクルショップに売る!

壊れていなければ、家具家電はまだ”使えます”。
まだ使えるということは、売ることが出来るんです。

なんと最近では、家まで来てくれて査定をし、さらにそのまま持って行ってくれるリサイクルショップがあります!
便利な世の中ですね。感謝感謝。

そして状態が良ければお金まで貰えちゃう。これまた感謝です。
すこしガタが来ていると買い取りが0円だったりしますが、処理にお金がかかるよりは何倍もマシですね。
近辺にリサイクルショップがない場合、こんな方法もあります。

家電量販店などの「下取り」を利用する!

よくパソコンの広告などで目にする「下取りキャンペーン実施中」の文字。
古いパソコンを持って行ってもらい、少しお金をくれたりすることですね。

実はこれ、パソコンだけじゃなく、他の家電にも結構あるんです。
家電を買うとき、「すみません、これ下取りとかってやってますか?」と聞くと、案外「やってますよ」と返答をもらえることが多いみたいです。
処分費用もかからず、下取り割引などもされたりして、これは知らなきゃ損。

もしダメだったとしても、下取り業者を紹介してくれることもあるようです。ダメ元で聞いてみましょう。聞くのはタダですからね。

>>最大半額の無料一括見積もりはこちら