引っ越し料金を抑えたいといろいろ調べている人はすでにご存知かもしれませんが、引っ越しの料金というのは日によって違います。
例えば休日よりも平日の引っ越し料金のほうが安いですし、引っ越しの繁盛期はそうでない時に比べて高い、といった具合です。
もしかするとこれについては知っている人のほうが多いかもしれませんが、実は同じ平日でも料金に違いがあるのです。
これは曜日や時間帯によるものではありません。

その業者特定の料金が安い日・時間帯があるということです。

これはつまり「引っ越し料金を安くできる日=その業者が暇な日」ということであり、その業者にしかわからないものなのです。
引っ越しがキャンセルになったりもともと引っ越しの予定が入りにくい時期など暇になる理由はいろいろですが、そういう時期というのはそれほど高い料金でなくても仕事が欲しいと思っています。
ですのでそういった日・時間帯に引っ越しのタイミングを合わせれば、値引きをしてもらえるのは確実です。
とはいえ、お願いしたい業者がいつ暇なのかはなかなか普通に引っ越しの日時を決めている段階ではわからないと思います。

ですのでそんな時にはハッキリと業者に確認するのが一番です。

業者からすれば「そちらの都合に合わせて引っ越しをしますよ」と言ってくれているわけですから、むしろ喜ばしいことなのです。
ただ初めに「引っ越しの予定が少ない日にお願いするのでそのぶん安くしてほしい」と伝えてしまうと、それ以上の値引きをしてもらうことはおそらく難しいと思います。
ですので日時の交渉は一通り値引き交渉を終えた後に行うようにしましょう。
例えば「そちらの業者にお願いしたいと思っているけれど、もう少し何とか安くならないか?引っ越しの日時を変えて安くできるならこちらもそのように会社に掛け合ってみるから」などという感じで交渉してみましょう。
業者にとっては自分の都合に合わせてくれるチャンスでもありますし、もうひと押しで契約してもらえるとも思うに違いありません。

>>最大半額の無料一括見積もりはこちら