引越し見積もりのコツ、引越し料金をあと5万円安くする方法を徹底解説!

みんなの引越し見積もり

引っ越しやること

引越し時のNHKの手続きの方法は?

投稿日:

引越しをする際にはいろいろな手続きが必要になります。NHKの手続きもその一つです。
NHKの契約は水道や電気、携帯電話などとは少し違う特殊なものであるため、慣れない人や初めて実家を出る人は特に戸惑いがちです。
引越しをする前に引越しの時に必要となる手続きや、手続きをせずに放置してしまった時の方法について確認しておきましょう。

NHKの契約は世帯単位
NHKの契約は住所や個人単位ではなく、世帯単位の契約となります。そのため、引越しによって世帯に変化があるのかによって必要な手続きが異なります。

具体的には、

・一人または家族全員が同じ家から同じ家に引越し(世帯の変化なし)
・実家から出る引越し(世帯が分かれる)
・実家に戻る引越し、同居する引越し(世帯が合わさる)

の3パターンが考えられます。
どれに当たるか分からない場合は、NHKのカスタマーセンターに連絡して確認すれば大丈夫です。

では、それぞれのパターンについて確認していきましょう。

一人または家族全員が同じ家から同じ家に引越し(世帯の変化なし)
契約世帯に変化はないため、住所変更の手続きのみ必要になります。

住所変更は、インターネットか電話で変更の手続きをするか、家に来たNHKの担当に伝えることで可能です。
来客が面倒な場合はインターネットや電話で先に手続きしてしまうのがおすすめです。住所が変わるだけなので、手続きはすぐに完了します。

実家から出る引越し(世帯が分かれる)
実家からでたり単身赴任になったりする場合、新しい世帯ができることになるため、新規の契約手続きが必要になります。

契約手続きは、インターネットか家に来たNHKの担当者に申し込み用紙を貰うことでできます。

実家に戻る引越し、同居する引越し(世帯が合わさる)
この場合、別の世帯に合流するという手続きが必要になります。
手続きはインターネットか電話で行えます。

NHKの手続きをしないまま引越しをするとどうなるのか
NHKの契約手続きはこちらから動かなくても、転居先にNHKの担当者が来るため、その時に手続きをしても問題ありません。

どうして引越ししたのに転居先がNHKに分かるかというと、郵便局や不動産屋がNHKと連携しているためです。どちらも引越し時には必ず連絡をいれることになるため、自動的にNHKにも転居が知られてしまうという訳です。

引越し前に自分から連絡するのが面倒な場合はむこうから来るのを待っていればOKです。逆に転居先にNHKが訪ねてくるのが嫌という場合は、ネットや電話で手続きをしておくようにしましょう。

NHKを無視し続けるとどうなる?
テレビを見ていないし受信料は払いたくない、という人もいるかもしれません。
引越し後に手続きをせず、家に来る人も無視し続けた場合どうなるのでしょうか?

結論から言うと、NHKの手続きを無視し続けると、最悪の場合財産の差し押さえが発生する可能性があります。

きちんと手続きをせず、NHKの受信料が未払いとなってしまった場合、受信料を払いように催促されます。その催促を無視すると、今度は裁判所から督促状が届くことになります。
督促状が届いてから2週間経過すると、NHKに財産の差し押さえができる権利が発生してしまいます。

引越し時、NHKの手続きはどうするべき?
転居時の手続きはインターネットから行えるため、面倒臭がらずにさっさと手続きしてしまうのがおすすめです。
手続きは転居先を訪れたNHKの担当者からも行うことができます。自分から手続きをするのが面倒だと言う場合は担当者が来るのを待ち、来客が煩わしい人はインターネットから手続きを行いましょう。

受信料の支払いが滞り、未払いとなると督促状が来るなど面倒なことになるため、何らかの形で必ず手続きを必ず行うようにしましょう。

引越し見積もりサイト(無料)人気ランキング

引越し価格ガイド

・大手業者から中小業者まですべてカバー。

・最大10社まで無料で一括見積もり。

・ダンボール、ガムテープなどのお得なキャンペーンあり。

最大10万円キャッシュバックあり

引越し侍

・CMでもおなじみで知名度が高い。

・最大10社まで無料で一括見積もり。

・また利用したい人が95.2%

ダイソン製品が当たるキャンペーンあり

-引っ越しやること

Copyright© みんなの引越し見積もり , 2018 All Rights Reserved.