引越し見積もりのコツ、引越し料金をあと5万円安くする方法を徹底解説!

みんなの引越し見積もり

引っ越しやること

引越し侍の使い方と注意すべきポイントは?

投稿日:

CMや広告で見かける「引越し侍」というサイト。
無料で引っ越しの見積もりがとれるという便利なサービスです。

▼引越し侍公式サイトはこちら

引っ越し料金は相場がわかりにくく、複数の見積もりを取らなければ適正価格がつかめません。お得に引っ越しをするためには相見積は欠かせないテクニックです。
引越し侍を利用すれば簡単に一括で見積もりを依頼できるので、忙しい引っ越し準備にはとてもありがたい存在です。

今回は引越し侍の使い方と、利用時の注意点などについて解説します。

情報入力

引越し侍にアクセスすると、「相場確認&WEBから予約」と「一括見積をする」の2つがあります。
どちらを選択しても、引っ越し希望日や現住所、荷物量などの入力が必要になります。

荷物量については荷物の種類ごとに細かく入力するようになっています。椅子がいくつ、カラーボックスがいくつ、ダンボールがいくつ、と個数を指定して入力しなければなりません。
これが意外と手間で、先にどれぐらいの荷物があるのかを把握しておかなければ、先に進むことができません。

ただ、引越し侍で入力する荷物量はあまり正確でなくても問題ありません。引越し侍で入力された情報からそのまま見積もりを出すことは少なく、後から結局引越し会社に伝えることになることが多いためです。

ただ、引っ越しの料金は荷物量で大きく変わるため、どのぐらいの量があるのか、処分するものはあるのかなどははっきりさせておくに越したことはありません。

情報入力時に気をつけなければならないのは、住所や電話番号などの基本情報を間違えずに入力することです。
一括請求できるのはとても便利ですが、入力した情報に誤りがあると、その間違った情報がそのまま幾つもの会社に伝えられてしまいます。後から何度も訂正することにならないように、住所などは間違いがないように一度確認してから送信するようにしましょう。

登録完了後

必要な情報を入力し、引越し侍への登録が完了すると、電話があります。

最初にかかってくるのは引越し侍からの電話です。
登録した時間にもよりますが、一般的な営業時間(9時~18時ごろ)であれば、数分もしないうちに電話があるはずです。

引越し侍からの電話で、登録完了の旨と、これから各引っ越し会社からの電話があることが伝えられます。
それに加えて、引っ越し会社からの電話を止めたい時のための電話番号もこの時伝えられます。引越し侍に登録するとたくさんの電話がかかってくることになるため、この電話番号は非常に大切です。電話帳に登録したり、忘れないようにメモしたりしておくことをおすすめします。

引越し侍の電話の後、引っ越し会社からの電話がかかり始めます。
数分おき、下手をすると1分おきに電話があることもあります。覚悟して挑みましょう。

電話では、訪問見積の希望日程や、詳しい荷物の量などを聞かれます。
質問にスムーズに応えられるよう、予め希望日や荷物量について考えておき、メモを作っておくと安心です。

どのぐらいの数の会社から電話があるかは地域によります。都市部では5~6件ということが多いですが、地方では1、2件ということも珍しくありません。

登録後すぐに色々な引っ越し会社から電話が矢継ぎ早にかかってくることになるため、時間に余裕のある時に登録を行うのが良いでしょう。

見積もり

引っ越し会社の候補が揃ったら、いよいよ見積もりとなります。

電話やインターネットによる見積もりを行っている場合もありますが、殆どの場合「実際の荷物を見ないと荷物量がわからないから訪問見積をしたい」と言われます。
何社も訪問見積に来ると思うと面倒かもしれませんが、実際に見て貰って見積もりをして貰うのは大切です。

引っ越し料金は主に荷物の量と距離で決まります。距離は地図を見ればわかりますが、荷物の量は簡単にはわかりません。どのぐらいの荷物の量があって、どのぐらいのトラックが必要になるのかは、素人ではなかなか判断できません。
荷物の量を見誤って、引っ越し当日に荷物が積みきれなかったり、トラックに大きな空きスペースができていたりすると、トラブルの元になりかねません。

それに、電話見積だからといって、短時間で終わるとは限りません。口頭で荷物一つひとつについて説明するのは思っている以上に時間がかかります。訪問して貰った方が手っ取り早く終わることもあります。

特に荷物の量が多い場合、口頭では誤差が生じやすいため、訪問が必須です。反対に、荷物が極端に少ない人であれば、電話でも問題ありません。

インターネットから訪問見積依頼で特典

引っ越し会社の中には、インターネットから訪問見積を依頼すると特典がある場合があります。

特典の種類は様々で、お米や洗剤などから、Tポイントなど各社の工夫を感じます。

電話依頼でもこうした特典を貰える場合もありますが、確実に特典を貰いたいという場合や、インターネットから限定でもっといい特典をつけているケースもあります。

訪問見積の特典が欲しい場合は、電話を貰った際に訪問見積の日程を決めず、自分でインターネットから訪問見積の申し込みをしましょう。
かかってきた電話から申し込みをするよりも少し手間はかかりますが、せっかく貰える特典をふいにしてしまうのは勿体ないです。

訪問見積時のポイント

できるだけ安く引っ越しするためには、訪問見積時の駆け引きが重要になります。

最初に「予算はこれぐらいを考えています」と伝えるのはあまり良くありません。
予算が低すぎると「うちの会社ではできない」と断られてしまう可能性が高いです。値引きももう期待できません。反対に、予算が高かった場合も値引きは難しくなります。
予算を聞かれた場合は「まだわからない、他社の値段も聞いてから決める」と伝えましょう。

訪問見積に来る引っ越し会社は、こちらが引越し侍から申し込んでいることを知っています。他社の訪問見積があることも承知しています。相場がわからないと伝えても、ふっかけられる心配はありません。

価格交渉の際に、他の会社の見積価格を伝えた方が良いかはケース・バイ・ケースです。他の価格を伝えることで、値引きして貰えたり、おまけをつけて貰えたりする可能性は高いです。
しかし、「まだ1件目の見積もりだから、他の見積価格を見てから考えたい」という台詞は、即決を断る際に非常に便利です。断るのが苦手という人は、どの会社の人にも「最初の見積もりです」と伝える方がスムーズかもしれません。

また、訪問見積時には「今決めて貰えるならこの値段で受けます」と即決価格を提示されることも非常に多いです。
即決するかどうかは、その場の状況次第です。
すでに何社か見積もりを取っていて、それと比較しても安いと思えるなら即決しても良いでしょう。まだ他の会社の見積もりも見たい、もしくは他社の訪問見積特典も欲しい、というのであれば断るのもアリです。

引越し侍のエアコン工事とインターネット回線乗り換え

引越し侍では、エアコン工事の手配やインターネット回線乗り換えキャンペーンも行っています。

引っ越し会社でエアコンの取り外し・取り付けを行っていることも多いのですが、引越し侍に手配して貰うことでより安く工事をして貰える場合もあります。

利用する引っ越し会社以外にエアコン工事をして貰う際の注意点としては、引っ越しと同じ日に工事できるとは限らない、ということです。
春や秋なら問題ありませんが、真夏や真冬に冷暖房なしになるのはつらいです。ただでさえ忙しい引っ越し前後に、エアコンの業者が来るのもなかなか面倒です。

引っ越しとは別にエアコンの工事をする場合は、季節や時間の余裕についても考えておくべきでしょう。

インターネット回線乗り換えキャンペーンは、回線を乗り換えるとキャッシュバックがあるというものです。
こうしたキャンペーンは、引越し侍だけでなく、家電量販店など色々なところが行っています。キャッシュバックの金額や特典も様々です。
お金が返ってくるといってすぐに飛びつかず、他のキャンペーンついてもチェックする用にしましょう。

引越し侍のメリットとデメリット

引越し侍のメリットは、簡単に相見積ができるということです。
引っ越し会社を自分で探す必要もなく、安く引っ越したいけれど時間もある程度節約したいという場合にぴったりです。

また、引っ越し会社に引越し侍を利用していることが伝わるため、積極的に価格交渉をしなくても値引き合戦が始まるため、価格交渉に自信がなくても安く引っ越しできる可能性が高いです。

そして、引っ越し費用を節約するためのサービスを無料で利用できるのも、ありがたいポイントです。

デメリットとしては、申し込み後すぐに大量の電話があることがまず挙げられるでしょう。
幾つもの会社からどんどん電話が来るため、申し込み時には時間の余裕が必要です。

また、引越し侍登録時の入力量の多さや、たくさんの電話を考えると、引っ越し料金の節約になっても時間の節約にはそれほどならないということにも注意しておきたいです。
色々な会社から見積もりを取ってできるだけ安くしたいのであれば、引越し侍を利用した方が時間の節約になりますが、ともかく急いで引っ越し会社を決めたいという場合には少し不便な部分もあります。

引越し侍は無料で利用できるサービスのため、少しでも引っ越し費用を抑えて引っ越ししたいという人には欠かせません。
登録をするとすぐに電話がたくさんかかってくることになるので、登録前にある程度準備を整えておきましょう。荷物の量や訪問見積の希望日、そして電話を受けるのに十分な時間の余裕が必要です。
深夜や早朝に登録した場合は、登録直後に電話の嵐となることはありませんが、いつ電話が来るかわからないのもそれはそれで怖いです。
電話があることを前提に、時間のある時に登録するのがおすすめです。

▼引越し侍公式サイトはこちら

-引っ越しやること

Copyright© みんなの引越し見積もり , 2018 All Rights Reserved.