引越し見積もりのコツ、引越し料金をあと5万円安くする方法を徹底解説!

みんなの引越し見積もり

引っ越しやること

引っ越し見積もりタイミングはいつがベスト?

投稿日:

見積もりをするために抑えておく三つのポイント

初めて引っ越しをするときに「見積もりを取る時期はいつ頃がいいのか」ということに悩んでしまう方は多いと思います。大学に行く、就職をするなどの実家を出る際には親任せに準備をした人は特に分からない人も多いのではないでしょうか。
中には見積もりがまだできない時期に見積もりを依頼してしまったという失敗をしてしまった人も結構いらっしゃると思います。しかし、見積もりをするためには三つのポイントを押さえておくだけで大丈夫です。その三つのポイントは「引っ越し先の住所を決める」「引っ越しの希望日を決める」「引っ越しに持って行く物を準備しておく」だけです。
これらを抑えておけば、見積もりをしっかりと出してもらえます。

引っ越しの住所先を決めておく

引っ越し先の住所を決めておかなければ、そもそも引っ越しができませんね。もちろん、引越し屋さんがおすすめの引っ越し先を教えてくれるようなことは絶対にありえません。引越し屋さんが行ってくれるのは、現住所から転居先の住所まで荷物を運んでくれることですので、見積もりのしようもないのです。

それに、どこからどこまで運ぶのか、ということでも料金を割り出すようなシステムが引っ越し業者にはできているので、引っ越し先の住所を決めておくのは最低条件だと思っておいてください。
また、引っ越し先の住所が決まっていないと、荷物を回収してもらうだけしてもらって、夜逃げをしてしまうというようなこともできてしまうので、それを防ぐという目的のためにも引っ越し先の住所が決まっていないと見積もりも引き受けないようになっているとも考えられます。

・引っ越し先の立地条件が料金に影響している

また、料金体系に関しての追加情報として、引っ越し先の立地によっても料金が変わるようになっています。
例えば、引っ越し先がマンションで5階建ての場合、エレベーターがあるかどうかでも引っ越し料金が変わります。これは至極単純なことで、エレベーターがあれば少ない人数でも効率的に目的の部屋へ荷物を運ぶことができますが、エレベーターが無ければ、たくさんの人員を割かないと指定された時間で荷物を運びこむことができなくなってしまい、人員を割くための人件費が発生するので、それだけの料金を割り増しするのです。
他にも、道路状況でも料金は変わりますね。トラックが入っていけないような場合だと、別途の軽トラのような小さなトラックを改めて用意しなければならず、それの確保のためのお金が発生することもあります。
そのような点も含めて、見積もりをするためには住所をはっきりとさせておかなければならないと言えるでしょう。

引っ越しの日にちを決めておく

引っ越しの日にちは明確に決めておく必要があります。今月末、などのアバウトな日程では見積もりはまず出せません。
その理由としては、引っ越しをするために必要なトラックを業者が押さえておく必要があるからです。
見積もりを出すことの意義として、指定された日時に必ずトラックを用意しておく、ということを確約すると言う意味もあります。
そうしなければならないのは、トラックが無ければ引っ越しはできませんし、引っ越しは他の人達も行うことで、トラックの数にも限りがありますから、指定された日時には別の依頼を断らなければならないからでもあります。そのようなスケジューリングが必要なためん、アバウトな日時では大変困ってしまうのです。
少なくとも、見積もりをするためには引っ越し予定日を第三希望くらいまで考えておくと良いでしょう。上記に挙げた通り、他の人達によって第一希望日が押さえられている可能性もありますので、それに備えるためですね。
なお、本当にいつでも大丈夫であれば、最低でも希望する月の第何週の平日か休日かは決めておきましょう。それくらいを決めておけば、空いている日の時間帯から、業者さんが適当と判断したときに来てくれるようになります。
なお、料金は平日で、月初の方が安くなることが多いので、それも覚えておくとお得に利用できるようになるでしょう。

持って行く物を準備しておく

見積もりをする前に、生活必需品以外は荷造りしておくようにしましょう。どれくらいのものを運ぶのか、ということをはっきりさせておかないと、引っ越し業者もどのくらいのトラックが必要になるのか、と言うことが分からずに、見積もりを出すことが難しくなります。
一応は、荷造りができていなくとも見積もりを出すことができます。しかし、それは荷物が少ない場合のみです。
荷物が多いと、トラックに積み込めない積み残しが発生することがあり、そうなると追加料金を出さなければならなくなることもあります。
また、上記に挙げた通り、トラックを一度に何台も押さえることができるとは限りませんので、どのくらいの荷物を運んでもらうのか、ということを明確に分かるようにしておかないと、引っ越し業者も困ってしまうのです。
なので、処分する物と生活必需品以外は、荷造りをしておく、またはある程度整頓しておくようにした方がいいでしょう。
持って行くものが分かっていれば、業者さんからダンボールを貰えることもあり、そこから料金を割り出すこともできるところがありますので、見積もりがより正確に分かるようになります。
業者さんに協力をすると言う意味合いでも、持って行くものの準備はしっかりと行ってから、見積もりをしてもらいましょう。:

引っ越しの見積もりをする際のベストなタイミングとは

引っ越し料金から、業者を決めたいという方にしてみれば、早く見積もりをしたいと思われるかもしれません。
しかし、引っ越し先の住所、希望日、引っ越し先に持っていくものをしっかりと決めておいてから、見積もりをしてもらうのがベストです。
これらができていない時の見積もりは時期尚早と言えますので、場合によっては追加料金が発生してしまい。見積もりが全く意味をなさなくなることもありますので、これらはしっかりと押さえてからがベストなタイミングと言えるのです。

引越し見積もりサイト(無料)人気ランキング

引越し価格ガイド

・大手業者から中小業者まですべてカバー。

・最大10社まで無料で一括見積もり。

・ダンボール、ガムテープなどのお得なキャンペーンあり。

最大10万円キャッシュバックあり

引越し侍

・CMでもおなじみで知名度が高い。

・最大10社まで無料で一括見積もり。

・また利用したい人が95.2%

ダイソン製品が当たるキャンペーンあり

-引っ越しやること

Copyright© みんなの引越し見積もり , 2017 All Rights Reserved.