引越し見積もりのコツ、引越し料金をあと5万円安くする方法を徹底解説!

みんなの引越し見積もり

一括見積もり後の交渉術【保存版】

安い引っ越し業者を見つけるためにはまず複数の業者に見積もり依頼をすることから始めますが、これはまだほんの一歩にすぎません。
見積もりを依頼したうえでその一歩先の交渉をうまくまとめる
これが引っ越し料金を本当に安くするためには重要です。

中でも相見積もりをすることは、最も効果的に引っ越し料金を安くすることができる方法です。
ここではその相見積もりのコツや裏技についてお話していきたいと思います。
引越し見積もり裏テク

まず1つ目のポイントとして、相見積もりをしていることを業者にきちんと伝えておくことが大切です。

「わざわざ伝えなくても最も安い金額を提示してきた業者にお願いすればよいのでは?」と思う人もいると思いますが、実はそれでは引っ越し金額を最安値にすることはできません。
もちろん引っ越し業者の間では相見積もりをすることは常識なのですが、業者としても「なるべく高い料金で仕事を請けたい」と思うのもこれまた当たり前なのです。
ですから相見積もりをしていることをきちんと業者に伝え、「少しでも他の業者より高ければお宅には頼みませんよ!」ということをアピールしておく必要があるのです。

それから2つ目のポイントは、相見積もり中は即決しないということです。

例えばある業者が見積もり中に相場よりも安い料金を提示してきたとします。
飛びついて即決してしまいたくなる気持ちも分かりますが、その場で即決するのは厳禁です。
ある程度引っ越し料金の相場などについて知識があり、明らかに安い金額だとわかったとしても即決はしないのが鉄則です。
相見積もり中は必ず保留にし、このような金額を提示されたということをまた別の業者に効いてみることが大切です。
ひょっとするとそれよりもさらに安い料金を提示してくれる可能性があります。

3つ目のポイントは、もしもあなたが社会人であった場合「会社」を盾にしてみるということです。

例えば値引き交渉の際、「引っ越し費用は会社が負担してくれるが、●万円以上になると自己負担になるのでそれ以下に抑えたい」というような交渉の仕方をするのです。
また即決を迫られている時は「会社が引っ越し費用を負担するので、まずは見積金額を会社に相談しなくてはいけない」という逃げ方をすることもできます。
その他日程や時間帯を調整したい時にも大変便利です。
例えば「金額はそれで大丈夫なのだが●曜日しか休みを取ることができないので、○日の午後で何とかお願いできないか」というように使うわけです。
個人的には納得しているけれど、会社が関係しているので自分の一存では決められない、こうしたスタンスは引っ越し業者が最も苦手とするものであり、効果は絶大です。
ただしあまり頻繁に使っていると効果も薄れてしまうので、大事な場面でのみ使うことが大切です。

4つ目のポイントとして、相見積もりは2~3社にしておくということが挙げられます。

相見積もりは引っ越し料金を下げるためにとても有効な手段ではありますが、あまりに多くの業者に見積もりを取ってしまうと訳が分からなくなってしまいます。
そのため相見積もりは2~3社に絞って行うことが大切です。
また引っ越し業者の中には一般的な料金相場よりも高い値段を提示してくるところもありますが、こうした業者は相見積もりをした時に値引きをしてくれる可能性も低いと言えます。
これらのことを踏まえたうえで相見積もりする業者を絞っていきましょう。

ここまで引っ越し業者の選び方についてみてきましたが、手順をまとめると次のようになります。
1、一括見積りサイトを利用して安い業者を2~3社選ぶ
2、1で決めた業者に連絡を取り下見に来てもらう。
3、下見の際に相見積もりの旨を伝えたうえで交渉をする

ただし一括見積もりサイトは1つではなくそれぞれに特徴がありますので、複数のサイトに登録することをお勧めします。
そうすることで大抵の引っ越し業者の一括見積りをすることができますので、その中から安い業者を選んでいきましょう。

>>最大半額の無料一括見積もりはこちら

投稿日:

Copyright© みんなの引越し見積もり , 2018 All Rights Reserved.